賃貸物件の供給過多による空室対策

空室対策で賃下げをできない理由

ゼロゼロ物件

最近よく目にするのがゼロゼロ物件と呼ばれる敷金なし、仲介手数料なしの物件です。

ひと昔前は敷金2ヶ月、礼金1ヶ月というのが当たり前だったのですが、賃貸物件の供給過多により古い マンションやアパートはなかなか空室が埋まらず大家さんは困っています。

それでもお客がつかないと、フリーレント契約して1・2ヶ月目の家賃は要りませんよといった条件まで つけて募集するほどです。

ならば、家賃を下げればいいのでは?

と思われる方も居ると思いますが、それをやってしまうと既に契約してる入居者から家賃の交渉をされたり、物件ごと売りに 出そうとした時に不動産の価値を下げる事になってしまうのです。

それであれば、この先何ヶ月空室になるか解らない部屋の礼金や屋敷金には拘らずに、空室を埋める事を最優先とした訳です。

なかなか空室が埋まらないこのご時世で、賃貸事業で優位に立ったのは客付け業者である仲介業者とも言えるのではないでしょうか?

場合によっては、オーナー側から仲介手数料のほかに広告料として家賃の一ヶ月を受け取る事もあるそうです。

ゼロゼロ物件では、必ずと言っていいほど保証会社を付けなければならず、保証会社も指定されている事が多いです。

これというのも、取引のある保証会社を利用させることによって仲介業者や管理会社は保証料のバックマージンを受け取れるのでうま みの無い保証会社は利用したくないのです。

また、オーナーは何かあった時に敷金ゼロで大丈夫なのか?と心配しますが保証会社を入れる事によって安心感を持たせられるのです。